入門編  初めての方に 〜まずは抜き型で挑戦〜


純銀粘土の取り扱いは、慣れないうちはなかなか大変。
粘土を詰めるだけの「抜き型」は、粘土を詰めるだけで簡単に作品制作ができます。
「モールドプレート」「リングメーカー」を使えば、めんどうな土台作りが省けます。


商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
シリコンモールド

型に粘土を詰めるだけで簡単に制作できるモールド。
粘土を外す際に、変形しにくいシリコン製です。
画像の樫の葉以外にも、クロス羽根ドクロ(スカル)など、様々なデザインがあります。


商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
デザインプッシュ

2通りの使い方のできるデザインプッシュ。
中に粘土を入れて型を取ることも、直接作品に押し付けてスタンプとしても使えます。
クロスやハートや星など5つのデザインが入ったセットが2種類あります。


商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
モールドプレート

粘土をモールド詰めて上からローラーを転がし平らにすれば、簡単にデザインの土台が作れます。
クロスやドッグタグ、ハートなど、これひとつで6種類の型が作れます。


商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
リングメーカー

粘土を詰めるだけで簡単に指輪の土台が作れる抜き型です。
断面がカマボコ型の「甲丸」と、フラットの「平打ち」があります。
8号から23号までの指輪が作れます。作り方説明付きです。



シルバークレイの基本的な道具はわかりましたか?
次の「基本編」で、シルバークレイの作り方を知りましょう。




前へ 「道具をそろえる」 目次 次へ 「基本編」


このページの無断転用は固くお断り致します。