入門編  道具をそろえる


シルバークレイに初めて挑戦するなら、ぜひおすすめしたいのはスターターセットです。
「シルバーポット」「シルバーパン」の他、制作に欠かせない基本的な用具と粘土がセットされているので、初心者の方でもすぐにシルバークレイに挑戦できます。


  PMC3スターターキット ― シルバーポットを使って焼成できるセット ―



>>> 商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
<セット内容>
1. シルバーポット 敷き板、金網ハット付き。PMC3専用焼成ポットです。
2. ピンセット 焼成体やパーツなど、小さいものをつまむのに便利です。
また、いぶし液につける作品の取り扱いなどに使います。
3. ゆびわ木心棒 指輪サイズの測定や修正に使用します。
4. ステンレスブラシ 焼成後の銀光沢を出すのに使います。
5. サンドペーパー 乾燥後や仕上げの時に表面を整えるのに使います。番号の小さい方が目が粗く、目の粗い方から順に磨きます。#320、#600各1枚入り
6. シルバークロス 研磨剤を含んだ布です。最終仕上げや変色してしまった作品のお手入れに使います。
7. いぶし液 いぶし仕上げ(黒っぽくするデザイン)にするときに使います。
8. 指輪ゲージ 指のサイズを測ります。
9. みがき棒 鏡面仕上げに使います。
10. スポンジヤスリ 乾燥後や仕上げの時に表面を整えるのに使います。
11. 固形燃料 30gタイプ1個。焼成時間約20分程度で燃え尽きます。
12. PMC3純銀粘土 三菱の純銀粘土6.3g。600度焼成タイプ。
13. 作り方ハンドブック わかりやすい「作り方ハンドブック」入り。





  PMC3ミニパンスターターキット ― ミニパンを使って焼成できるセット ―



>>> 商品詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
<セット内容>
1. ミニパン 純銀粘土焼成器具の決定版!コンパクトで、お手持ちのカセットコンロでいつでも手軽に焼成できます。
2. ステンレス網 乾燥時、焼成時に使います。
3. セラミックウール 作品の乾燥時に使います。
4. ピンセット 焼成体やパーツなど、小さいものをつまむのに便利です。
また、いぶし液につける作品の取り扱いなどに使います。
5. 金バサミ ミニパンをコンロから移動する時に使います。
6. スポンジ研磨剤(3種) 乾燥後や仕上げの時に表面を整えるのに使います。
7. みがきヘラ 焼成した作品にシルバーの輝きを出すために使います。
8. ステンレスブラシ 焼成後の荒磨きに使います。
9. ヤスリ 細かい模様や細工に使います。
10. シルバークロス 鏡面磨きに使います。
11. いぶし液 銀を黒くするのに使います。
12. PMC3純銀粘土 三菱の純銀粘土。600℃焼成タイプ。メンズの指輪まで作れる9g入り。
13. 指輪ゲージ 指のサイズを測るための道具。
14. 指輪木芯棒 リング作りの必需品。これに純銀粘土を巻いてリングを作ります。
15. 作り方ハンドブック わかりやすい「作り方ハンドブック」入り。



スターターキットの他にも、あると便利な道具は多数あります。

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
リングゲージ

指のサイズ計測に使用します。

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
クレイプレッサー

粘土を棒状・球状にしたり、平らに伸ばすための道具。
目盛付

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
タタラ板・粘土ローラーセット

純銀粘土を均一な厚さに伸ばすための道具セットです。
 

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
リング芯材

リング制作の際に使用する芯材です。
芯材を使用することで、純銀粘土の縮み過ぎを防ぎます。
7号〜22号用まであります。
制作するリングのサイズに合わせてお選び下さい。

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
スパチュラ

粘土を造形する際、細部の加工に使う道具。
画像は4本セット
 

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
ダイヤモンドヤスリ

乾燥させた作品の細部の加工に使うヤスリ。
平・半丸・丸・角・三角の5本組

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
作業ボードA4

粘土の造形作業の際に、下に敷いて使うボード。
目盛付
 

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
彫金ラバー

焼成後の作品を磨く際に使う、ゴム製の作業台です。

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
いぶし液

完成した作品をいぶし仕上げにしたい時に使います。
 

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
グラノール

作品の仕上げに使う研磨剤。
布に少量つけて磨くと、光沢が増します。

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
おていれセット

完成品のお手入れに便利なセット。
シルバー製品全般にご使用頂けます。
 

詳細はこちら
(画材ショップ楽屋)
専用リサイクルボックス

乾燥体や粘土の粉をリサイクルボックスに1〜3日入れておけば、元の粘土状態に戻ります。



次のコーナーでは初めて挑戦される方におすすめの「抜き型」をご紹介します。




前へ 「シルバーパンの使い方」 目次 次へ 「まずは抜き型で挑戦」


このページの無断転用は固くお断り致します。