ハザードマーク一覧

セントアンドリュ−スクロス

St. Andrew's cross(EC)
聖アンドリューの十字

 このマークは、日本の有害性マークと同じです。
 一般的に有害性があり、使用にあたってリスクを伴う可能性がある成分を含む製品につけられています。
 このマークは、有機溶剤を含む画用液類に多く見られます。


有害性あり
有害性マーク (日本)

 日本の絵具メーカーの連絡会である「全国画材協会」が取り決めた統一表示基準による。
 アメリカ、ヨーロッパの表示基準に倣って作られたもので、日本の『毒物劇物取締法』や『特化物規則』をベースに、各国の表示を重ね合わせたのでやや整合性に欠ける。健康に有害に作用する可能性があるものに付けられる。


砒素化合物(現在は殆んど製品にない)
セレン化合物
カドミウム化合物(現在は製品は減りつつある)
クロム酸塩類
鉛化合物
溶解性コバルト化合物
溶解性ニッケル化合物


可燃性注意のシンボル
Flammable(EC)
可燃性

 可燃性を示す炎のシンボルは、この製品を取り扱う際の火気の使用に注意を促すもので、喫煙などはしないようにすることを示す。
 一般的に可燃性か、非常に可燃性である製品に付けられていて、その区別はない。
 主に、油絵具等の画用液に付けられている。また、エアゾール製品でも同じ印が見られる。

可燃性
可燃性マーク(日本)

 ECの表示と同内容。日本の絵具メーカーの連絡会である「全国画材協会」が取り決めた統一表示基準による。
 『消防法』がベースになっており、危険物の分類もマークの近くに表示するよう定められている。


毒性のシンボル
Skull ドクロマーク(EC)
毒性


 毒性注意を促すこのシンボルは、1つだけの製品に見つけられます。それは、シルバーホワイトやフレークホワイトといった鉛白(溶解性鉛化合物のひとつ)を含む製品です。 
 日本では、有害性マークの分類になっていますが、EC地域ではこの分類で特別扱いされています。
 この製品を子供の手の届く範囲から締め出されなければならないことと、この表示の製品を使用中に飲食をしてはいけないと規定されています。


無害のシンボル
APマーク(アメリカ/ASTM)
毒性なしのシンボル


 人体に無害で安全だと認めるマーク。
アメリカ合衆国のACMI(アメリカ画材・工芸材料協会)が行う、きびしい評価基準ASTMをクリアした画材、工芸材料だけに与えられる。
 ASTMの発祥の地であるアメリカのメーカーはもちろん、海外に製品輸出を行っているヨーロッパ、ロシアや日本の画材メーカーも、このAPマークを取得していることが多い。


CLマーク
CLマーク(アメリカ/ASTM)

 CLマークは、有害性のある材料が用いられているが、適切な情報のとおりに適切な扱いをすれば安全に使用することができる材料に与えられる。
 その場合、適切な使用に関する情報の表示が行われる。
 CLマークの製品は、ASTM D4236の規格に適合していることを示す。
 ASTMの発祥の地であるアメリカのメーカーはもちろん、海外に製品輸出を行っているヨーロッパ、ロシアや日本の画材メーカーも、このAPマークを取得していることが多い。


ヘルスラベル

日本のメーカーの例
Health Label(アメリカ/ASTM)
ヘルスラベル
 
 アメリカACMI(アメリカ画材・工芸材料協会)によりASTM標準D4236に従って製品が承認されたことを示します。
 有害物を含む製品であり、ラベルには有害物に関する文が続きます。それは、実際含まれた製品により使われうるだけです。必要な無健康ラベル付け。
 カドミウムを含んでいる製品のために、警告不スプレー適用は含まれます。
 ASTMの発祥の地であるアメリカのメーカーはもちろん、海外に製品輸出を行っているヨーロッパ、ロシアや日本の画材メーカーも、このヘルスラベルを取得していることが多い。


使用年齢の規制
CEマーク(EC)
年齢規制

 主に子供用の画材に対して付けられる表示です。ヨーロッパ玩具安全性規格(EN71/3)に適合した製品に付けられるマークであり、その製品が安全性要求事項に適合していることを表している。
 この規格では、14歳以下の子供が使用する際に健康や安全に注意するよう喚起していつもの。すなわち、14歳以上の子供に適当であるという意味を含んでいる。
 製品の包装において[CE]のロゴにより示される。
 また、学童用の材料には、有害物の数量規制も行われている。


使用年齢の規制
デルタマーク Tactile Warning(EC)
触覚による警告

 製品が有害または危険であるという内容を三角形の凹凸で触覚的に示したもの。透明な素材の約18mmの三角のシンボルで、浮き上がった感触により感知されます。
 視覚的にハンディキャップを持った人々が安全に製品を使用するための気配りの表示です。


エアゾールの取扱い注意
Reversed epsilon(EC)
逆さイプシロンマーク


 このマークはスプレー缶に見つけられます。この表示の製品が以下の要件を満たしていることを示します。
 可燃性なので、取扱いは慎重に行われること。
 換気の良い場所で使用すること。


オゾン層にやさしいマーク
Ozone friendly(EC)
エコロジーマーク

 スプレー用のガスが地球環境にやさしいオゾン層に影響を与えないガスを使用していることを示します。
 このマークのスプレー缶は、地球のまわりのオゾン層に影響を与えません。
 一般に代替ガスは、ブタンガスや天然ガス、ジメチルエーテルなどが使われています。したがって、オゾン層に優しい代わりに危険性があり、可燃性の炎のシンボルがついているのはそのためです。


リサイクルのマーク
Recyclable Material(EC)
エコロジーマーク


 再利用できる素材に関してつけられています。リサイクルによって廃棄物を減らすことを目指すもので、日本の家電メーカーなどではお馴染みですが、画材メーカーでは、まだ意識されていません。
 このシンボルは、包装等の素材を示し、分別収集によるリサイクルを促します。

   PE(ポリエチレン)
   PP(ポリプロピレン)
   ABS(ABS樹脂) など


子供に安全な2段式キャップ
Child-proof seal(EC)
安全対策


 小さな子供が悪戯して危険が発生しないように、危険物を含む画用液などに採用されているキャップに付けられた表示です。
 単にキャップを回すだけでは開けることができず、押しながら回すという2段階の操作で開きます。
 これも、心配りの安全対策のひとつです。


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。