○タンカギャラリー6



千手千眼観世音菩薩

545x395mm

千の手と千の慈眼をもつ観音菩薩です。その姿は、五重二十七面の顔と一千の慈眼をもち、一千の手を動かして一切の衆生を掬うという大慈大悲の心を示しています。観音とは、梵語では「見守る者」を意味し人々の危難に際し、救いの手を差し伸べるといわれます。千手観音は、多くの経典に登場し、慈悲の菩薩として、古来より盛んに信仰を集めてきました。 チベットでは観音、文殊、金剛手を「三部主尊」と呼び、仏の慈悲と智慧と力を象徴するといわれております。



戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。