○白亜地


■白亜地の特長

 ・絵具を吸いやすい吸収性地です。
 ・テンペラ絵具に向いています。
  油性絵具で使う場合には吸収調整をするとよいでしょう。
 ・柔軟性がなくキャンバスには向きません。
 ・平滑な面が作れ、小品、細密描写に向きます。
 ・水性絵具の発色が明るく綺麗で作品の保存性がよい。

■基本処方(約100mlの塗料分)
     
 ・10:1 膠水         100 ml
 ・白亜           約150 ml
 ・酸化チタン         約  20 ml 
 ・(水)           (少量)


白亜塗料の作り方

工 程
概 説
1.用具と材料
特に特殊な用具は必要ありません。
*膠水を作るための湯煎できる容器。小さな手鍋と洗面器でも可。
*ゴムベラ
*温度計 (なくてもできます)
2.膠水の準備
容器に水200mlを計り取り、これにウサギ膠を20g入れます。
数時間放置すると、膠はして、ほぼ加えた水を吸い膨らみます。
熱いお湯を洗面器等ににいれ、膨潤した膠を容器ごと温めます。膠は、溶けて液体になります。この時、温度が70℃以上にならないように注意します。指をちょっと指し入れて、我慢できる程度なら大丈夫です。
3.塗料の作製
溶けた膠水の半分を別の容器にとります。
白亜を膠水の上から振り込むように粉をばらしながら投入します。(写真下)
容器の底から8分目まで白い粉末の層が溜まるまで白亜を加えます。
       
次に、酸化チタンを同様に振り込みながら、水面から少し粉が顔を出すまで加えます。
粉を入れ終えたら静かに10分ほど放置し、粉と膠水がなじむのを待ちます。
十分なじませた後、泡が発生しないように静かに撹拌します。
あまり多く撹拌し過ぎると白亜はダマになり固まってしまうことがあります。
 
乳鉢などを用いて、静かに練り合わせると洗い粒子がなくなり、滑らかな塗料になります。
しかし、最終的には、紙やすり等で表面を仕上げれば、多少の塗料の粗粒子は気にならなくなります。これは、一つのテクニックとして紹介するのみに留めます。


白亜塗料の塗り方


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。