○油絵の画溶液



主な画溶液の種類と概要を簡単に説明いたします。基礎技法のところでも触れていますが、画用液の効果は、油絵具の表現を幅広くする可能性を秘めています。色彩(絵具)の研究とともに画用液の使い方についても研究と工夫をすることは、オリジナリティーある画面構築に即効的効果があるでしょう。

  品 名 分 類 シリーズ  
乾性油 リンシードオイル 乾性油 B  油絵具を練り合わせている油と同じ成分材料です。空気中の酸素を吸って酸化重合し強靭で透明な膜を造ります。油絵具に加えると、絵具の透明性を増し、画面の底からの光沢を付加します。リンシードオイルとポピーオイル、さらにリンシードを加工したスタンドオイルとサンシックンドオイルがあります。膜の強さや乾燥性はリンシードが有用で、通常の画用液のベースにはこれが使われます。光沢を求める場合には加工乾性油、黄変を避ける表現にはポピーオイルがよりよいでしょう。
ポピーオイル 乾性油 D
スタンドオイル 加工乾性油 C
サンシックンドリンシード 加工乾性油 E
樹 脂 ベネチアテレピン 樹脂溶液 G  

 

 
ダンマルバニス 樹脂溶液 C
マスチックバニス 樹脂溶液 H
薄め液 テレピン 揮発性油 B  油絵具や画用液の濃度や艶を調整するための薄め液として使われます。植物性のテレピンと石油系のペトロールがありますが、いずれも画面に残ることが無く皮膜をつくりません。特に、描き始めの溶き油として使われますが、多量に油絵具に混ぜて使用すると、絵具の固着力を低下させます。表現上はテレピン、ペトロールの差はほとんどなく、好みで使えます。クサカベの場合、蒸発速度はペトロールがやや速く、天然樹脂などの溶解性はテレピンが優れています。 
ペトロール 揮発性油 A
α‐ピネン 揮発性油 B
ラベンダーオイル 揮発性油 H
乾燥剤 ホワイトシッカチーフ 乾燥促進剤 C  油絵具の中には、乾燥が遅い色(ブラック類やマダー類、カドミウム系絵具など)があります。制作の乾燥を全体的に調整するため、シッカチーフが直接、乾燥の遅い油絵具に混ぜ合わされます。量は、触媒効果が目的ですのでほんの少量で効きます。油絵具の表面からグイグイ乾かすブラウンシッカチーフと、油絵具の内部から乾燥させるホワイトシッカチーフがあります。これらシッカチーフ類の多用は、亀裂や変色の原因になります。 
ブラウンシッカチーフ 乾燥促進剤 C
描画油 ネオペインティングオイル 調合溶き油 B  乾性油、樹脂、揮発性油、乾燥剤などが使いやすい状態で既に配合された溶き油です。種類によって多少の艶や乾燥性は異なりますが、固着性や亀裂の発生しにくさなど、合理的に設計されています。専門家用というより入門者向けに作られます。低濃度のネオペインテイィングオイルなどは、そのままほとんどの工程で使用できますが、ダンマルペインティングオイル(ダンマル樹脂+スタンドオイル系)やコーパルペインティングオイル(コーパル樹脂+スタンドオイル系)は、高濃度に調整されていますので、使用工程の段階によってテレピンで薄めながら使います。
パンドルは、描画用ニスと呼ばれ、速乾性で光沢があり、スケッチや樹脂の素材などに使われますが、絵具との混ぜ合わせが不十分であると亀裂を生じることがあります。
 
ペインティングオイルスペシャル 調合溶き油 C
ペインテイングオイルクイックドライ 調合溶き油 C
ダンマルペインティングオイル 調合溶き油 D
コーパルペインティングオイル 調合溶き油 D
パンドル 描画用ニス B
グレージングバニス 描画用ニス D
加筆用 ルツーセ 加筆用ニス B 制作の途中で、画面の一部が艶引きしてしまった時や、画面にはじきが起きた場合に使います。画面を活性化し、絵具の乗りをよくするとともに、画面の艶を均一にしてバルールの見え方を正しくします。
ニス類[1][2] タブロー 絵画用ニス B  油絵具の場合、完成した作品にニす掛けをして保存することが作品の見栄えをよくするとともに、絵具の劣化を防ぎます。また、古来、油絵の特長であった深い光沢は、現在のチューブ絵具ではやや希薄になっています。油絵らしさの主張にも、完成ニスの塗布は効果的です。
タブロースペシャル 絵画用ニス F
クリスタルバニス 絵画用ニス B
グロッシーバニス 絵画用ニス D
その他 フキサチーフ 定着液 A  
ストリッパー 油絵具剥離剤 C  
クリーナー

洗浄液

   


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。