/白亜
○白亜:地塗り用


名  称
スペイン白 Spanish White
        Bianco Sangiovanii(伊)
化学組成
炭酸カルシウム(天然)CaCO3
生産国
イタリア
原産地
スペイン
 
白亜は、胡粉、大理石末、方解石末等と並んで炭酸カルシウムを主成分とする水性絵具の白色顔料として用いられる。
テンペラ等の地塗材用として供給されている「白亜」には2種類ある。「ムードン Meudon」または「スペイン白 Spanish White」と呼ばれ、粒子の粗いものと細かいものとがある。
日本のメーカーでは、慣用的にフランス語の「ムードン」を当て、細かい白亜には「仕上用」、粗い白亜を「下地用」と呼んでいる。
クサカベでは、イタリア製の天然白亜を輸入しているが、原産地はスペインであり、粗いものも細かいものも「スペイン白」の名称である。製品としては、仕上用の白亜を「ムードン」と呼び、下地用を「スペイン白」と呼ぶことにした。
ムードンよりも粗く、堅牢な下地ができる。
分  類
ピグメント関連商品
製  品
#28プラ 容器− (なし)  
#100ビニール袋− 50 g− 200円
1kgビニール袋−1000 g−1500円
物 性 白色度:99.7 (MgO=100)   100メッシュ 以上  0.000 %
嵩比重:             325メッシュ 以上  0.005 %
【処方例】
白亜地塗料[吸収性地]処方例
      スペイン白          1容量  湯煎しながら膠水のなか
      酸化チタン          0.3容量  に左記の粉末を振り込み
      膠水(10:1)          1容量  静かに混合します。
*白亜地塗料は、必要に応じて水(ぬるま湯)で薄めて使用します。
*白亜・酸化チタンの比率は白さの好みにより、変えることができます。
*白亜地塗料は、テンペラ・混合技法用の下地として有用です。


戻る

このページの無断転用は固くお断り致します。