○ロウ、硬化油



絵画に用いられるワックス(Wax:ロウ)の多くは蜜蜂の巣から採取さ れた蜜蝋が中心でした。

ミツロウ 晒しミツロウ

絵画とのかかわりは古く、エジプ ト時代には「エンコウスティック」というロウ画のバインダーとして利用されています。
 古代エジプトでは、ミイラの保存に使用されていたのが発見されています。また、紀元前1000年代のエジプト王家の墓からワックスで封された瓶のなかに水が残っ ていたともいわれます。
西欧では、これら東洋のキャンドルに匹敵するキャンドルが開発されたのはずっと 後の18世紀になってマッコウ鯨からの鯨蝋(Spermaceti)を使ったキャ ンドル、19世紀になってステアリン酸、次いで1850年石油からのパラフィ ンワックス(ParaffinWax)が登場してからです。
日本にパラフィン ワックス製のキャンドルが初めて輸入されたのは1870 年、パラフィンワックスの製造が開始されたのは1924年です。

ワックスとは化学上の分類(脂肪酸と一価アルコールのエステル)と言うより、蜜蝋やパラフィン蝋のような性質を持ったものの総称です。

ワックスの歴史は非常に古く、遠く古代エジプト文明の時代から人々は蜜蝋を使っていました。すなわち6000 年もの歴史をもつ古い素材です。

■ワックスの特長

一般的な特長は

  • 簡単に色んな形を造ることが出来る...湯煎で溶け、型に流して成形でき、ナイフで削れ、温めれば曲げられ、鏝で接着でき、油性の染料顔料でどのような色にも着色できます。例:キャンドル、蝋人形館、食品模型
  • こすれば艶がでて良く滑る...種類によって塗りかたによって滑らなくすることもできる。
  • 融けるとさらさらした液体になり物に浸み込む...紙や布に簡単に浸透します。例:ペーパーフラワー、飲料水カップ、耐水ダンボール
  • 防湿、防水、保香性がよい...ポリエチレンフイルムは香りやガスはよく通過しますが、ワックスは香りを通しません。
  • 電気絶縁性に優れている...特にパラフィンワックスは高周波でのロスも少なく防湿性もよいので広く使われています。例:コンデンサー、電線
  • 微生物により簡単に分解される...土に埋めれば容易分解されますのでプラスチック類のように廃棄物公害が起きません。
  • 衛生上も安全である...天然ワックスは元々自然界にあったものですし、食品衛生法の適用もうけません。
  • 大きな融解潜熱を持っている...固まる時40〜50cal/grの熱を放出するので蓄熱材になります。例:温湿布剤、全身美容、サーモスタット
  • 多くの種類のプラスチックの成形助材になる...組み合わせによっては0.1 %の添加でも効果がある。例:塩ビ管、エンプラ


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。