○油絵具の製造工程


都心にほど近い朝霞にクサカベの絵具工場があります。立地面から多くの工場見学者を受け入れ、絵具の製造工程をつぶさに見せてもらえます。

クサカベでは、最新鋭の設備と伝統の技術による絵具の生産を目指しているといいます。(株)クサカベの朝霞工場で油絵具ができるまでの工程を見せてもらいました。

@原料受け入れ検査

クサカベの絵具は、国内をはじめ海外から色材に適した多くの原材料を受け入れています。
常に高品質が保てるよう、受入検査が製造のはじまりです。
具体的に顔料では、1.色/2.吸油量/3.粒度/4.耐光性・堅牢性/5.耐薬品性についてチェックされます。
油の場合は、1.色/2.乾燥性/3.化学的品質が調べられます。
A配合作業

各原料は、規定の配合比に混合されます。有害な成分を含む顔料もありますので、局所廃棄装置と保護具を使った作業が行われています。
受け入れ検査の結果は、この作業にも反映されます。
Bプレミキシング作業

計量された顔料とビヒクルは、大型ミキサーによって十分混合されます。
この時、特殊な機構で顔料内の空気を完全に除去して、ロール作業の軽減を図ります。
Cロール作業

混ぜ合わされた顔料とビヒクルは、強力な3本ロールミルによって、強く分散させます。
ロールの絞め加減と回数がそれぞれの絵具の特徴を形成していきます。
通過パス回数により、絵具はしっとりと光沢を持ってきます。
D調色・色検定

ロールで練り上がった絵具は、色差計によって測色され、微妙な色の違いを調色作業によって基本色と合わせられます。
練り上がった絵具は、検定が行われます。
ここでは、絵具としての性能を中心に次のような項目で試験されます。1.色/2.粘度/3.粒度/4.練り状態/5.光沢/6.隠蔽性/7.乾燥性
E熟成工程

完成した絵具は、熟成容器に移され時間を掛けて熟成されます。
通常は1カ月、長いものでは1年以上熟成する色もあります。
この間に絵具はよりまろやかになり、使い心地がよくなります
F品質検査

熟成が終わり、チューブに詰められる前に最終の検査が行われます。
色はもちろん、乾燥性、粘度伸び、馴染みなどが検査され、合格したもののみが製品化されます。
G描画性能検査

品質検査と同時に描画性能のチェックも行われます。
模写などを通じて、クサカベの絵具の性能が試されます。
H自動充填作業

充填は全自動充填機で行われます。アルミチューブに空気が入らないようにしながら一定量が注入され、尻部を折り込んで密閉します。
Iラベルと箱詰め

チューブには自動ラベラーによりラベルが貼られます。コンベアー上での最終チェックを受けた製品は箱詰めされていきます。
J商品センター

朝霞工場に併設して商品センターがあります。朝霞、御殿場の両工場から送られた製品は、この商品センターから全国のユーザーの手元に届けられ作家によって素晴らしい芸術作品が生まれます。

現在の工場生産の様子は、潟Nサカベ・本社工場に取材いたしました。


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。