○古典的油絵具と現代的油絵具


■ミノー
■クサカベ
クサカベは、『クサカベ』および『ミノー』という2種の油絵具を併存させています。『ミノー』はやや高価でありますが、単なる『クサカベ』の高級品という存在ではありません。その違いを、生産技術面および表現効果面から説明致します。



■発色面からの比較
『クサカベ』は『ミノー』よりも硬練りで油分が少ないため、チューブからしぼった絵具だけを使用すると、ほぼ艶消しに仕上がる。それにくらべ『ミノー』は伸びがよく、比較的油絵具らしい光沢をもって発色する。
カドミウム系絵具などチューブから出した絵具の色みはほとんど同じでも、画面上で下の色と響き合わせる状態でみると、絵具の濃度差を感じる。
同じ不透明色でも、『クサカベ』は明るくマットで『ミノー』のほうが深く透明感を感じる。

■絵具の伸び
『クサカベ』は硬練りに設定されており、伸ばすためには適当な画用液を加える必要がある。盛り上げからグラッシまで幅広い技法に対応できるのもそのためである。
『ミノー』は、比較的軟練りであるため、チューブから出したそのままでもスムーズに運筆ができる程度である。中間のパートによる塗り重ねは画用液を用いずとも可能といえる。樹脂を含んだ描画用ニスや加工乾性油の存在により優れたグレーズ層を形成する。

■混色について
混色は、体質顔料が少ないほど濁りにくい2次色を作る。したがって『クサカベ』より『ミノー』の方が比較としてきれいな混色ができるといえる。
さらに、中間色のベースとして『クサカベ』はチタニウムホワイトを使用しているが『ミノー』のジンクホワイトに比べて混色時の濁りは大きいといえる。
『クサカベ』の色数が多いのは、混色をしなくても不自由しない色幅をもっていることであり、基本色中心の『ミノー』は、本来から混色を技法の中心に据えていることになる。
大画面での色作りは、そのまま色が選べる『クサカベ』が向いているといえよう。

■乾燥性
油分が多く顔料による影響のより少ない『ミノー』の方が傾向としてやや乾燥が早い。
しかし、これは色により一概に決めつけることはできない。


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。