○主な絵具の構成要素と特長



  絵具名
顔料構成
展色材
乾燥機構
光沢
再溶解性
変色性
保存性
備考
水性 フレスコ絵具 
有彩顔料
ナシ(水)
吸収+壁の固化
 
日本画・デトランプ
有彩顔料(+胡粉)
膠+水
水の蒸発
溶解
 
卵黄テンペラ
有彩顔料
卵黄+酢
+水
水の蒸発+酸化重合
 
テンペラグラッサ 
有彩顔料
卵黄+油性分
+水
水の蒸発+酸化重合
微光沢
 
デルナーのテンペラ
有彩顔料
全卵+油性分
+水
水の蒸発+酸化重合
微光沢
 
透明水彩絵具 (アクアレル)
有彩顔料
アラビアガム
+水
水の蒸発
微光沢
溶解
 
不透明水彩絵具 (ガッシュ)
有彩顔料
アラビアガム
+水
水の蒸発
溶解
 
ポスターカラー
中級有彩顔料
+白色顔料
アラビアガムなど
+水
水の蒸発
溶解
 
学童用水彩絵具  
低級有彩顔料+クレー
アラビアガム+デキストリン
+水
水の蒸発
溶解
 
ビニル絵具
有彩顔料+体質顔料
酢酸ビニルエメルジョン
+水
水の蒸発+共重合
微光沢
 
アクリル絵具
有彩顔料+体質顔料
アクリルエマルジョン
(高濃度)+水
水の蒸発+共重合
半光沢
 
アクリルガッシュ 
有彩顔料+体質顔料
アクリルエマルジョン(低濃度)
+水
水の蒸発+共重合
 
                   
油性 油絵具(古典タイプ)
有彩顔料
乾性油
酸化重合
強光沢
 
油絵具(近代タイプ)
有彩顔料+体質顔料(少)
乾性油+可塑剤
酸化重合
光沢
 
習作用油絵具
有彩顔料体質顔料(多)
乾性油+可塑剤
+乾燥剤
酸化重合
半光沢
 
                 
アルキド絵具 
有彩顔料+体質顔料(少)
乾性油+アルキド樹脂
蒸発+酸化重合
光 沢
 
                   
固形 パステル
有彩顔料+体質顔料
極薄いアラビアガム
トラガントガム等
物理的付着
溶解
 
                 
オイルパステル
有彩顔料+体質顔料
硬化油+ロウ類
物理的付着
微光沢
溶解
 
クレヨン
低級有彩顔料+体質顔料
硬化油+ロウ類
物理的付着 
微光沢
溶解
 
                 
オイルスティック
有彩顔料+体質顔料
乾性油+ロウ類
+乾燥剤
物理的付着+酸化重合
微光沢
 


戻る


このページの無断転用は固くお断り致します。