大阪府立現代美術センターの21世紀の幕開けを飾る展覧会として、「第11回吉原治良賞美術コンクール展」を開催いたします。このコンクールは、戦前における前衛美術の草分けであり、また戦後は大阪の具体美術協会の代表者として大きな足跡を残した吉原治良氏を記念して1980年に創設されました。同氏の生涯を一貫したきびしい創造精神を次代へ受けついでゆこうとするものです。ビエンナーレ(隔年)で開催し、大賞受賞作品は現代美術センターのコレクションに加えられます。今回は全国から223名、370点の応募が寄せられました。その中から選ばれた入賞、入選作品あわせて37点を展示いたします。

大阪府立現代美術センター