3.厚紙上の油絵具発色のメカニズム 
 厚紙に油絵具で描くと、油分が下地に吸われてしまいます。
 セリューズを塗ったキャンバスの場合には下図の左の模式図のように、吸収されることが少なく画面に盛り上がります。
 厚紙のように吸収性が強いときには、紙の繊維にまで顔料が引き込まれ、全体としてペッタリとした表現になります。画面上に乗った絵具層も、乾性油分が吸われて顔料コンテントが増えているので不透明性に(粉っぽく)見えます。
 

 しかし、単にチューブから出したまま、または少しばかりの溶き油でといたの油絵具を厚紙に使ったのでは、支持体の弊害はでても、面白い表現につながりません。下図は、上図と同じようですが、同じ厚紙上に、硬い油絵具と、テレピンで薄めた油絵具で描いた場合の模式図です。テレピンなどを多めにつかって溶いた油絵具は、厚紙などにより吸収されやすくなり、絵具膜中の乾性油の量を減らします。結果として、油絵具の発色は「明るく(粉っぽく)」「不透明性」になります。

 これを、更に微視的にみると、次の図のようになります。

 

4.ロートレックの油絵技法再現